*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.27 (Mon)

『DEATH NOTE』page.98「全員」

 今回、丸々2ヶ月ぐらい音沙汰なかったあの男が再登場しました。これで第2部最終決戦となるのでしょうか?

 ただ、最終回予想では30号前後終了と予想しましたが、よくよく考えたらちょうどその頃映画が公開されるのですよね。今までのジャンプを考えれば絶対に第2部延長か第3部突入かの再延命策が施されそうです。

 あと、デスノートのページを大幅にリニューアルすると同時に最近の日程一覧を作成しましたので、最近の状況がよくわからないと言う方の助けになれば幸いです。



この先はネタバレを含みます。


【More・・・】

最終決戦前まとめ

状況が複雑化しているので3陣営のまとめを行っておきましょう。

キラサイド

  • 夜神月(ライト)=2代目L=キラ

  • 部下は相沢・模木・松田・伊出。ただし、相沢と模木はライトがキラではないかと疑っている。

  • ライトはレムのノートの所有者であるものの相沢らの監視によってノートは使えない

  • ライトは魅上照(テル)にジェラスのノートを渡して裁きをさせている

  • しかし、現在は偽のノートを作らせて裁きは高田にさせている

  • テルとライトの連絡役は高田清美(高田)が行っている。

  • ライトはテルに何かを“確認”させた。


ニアサイド


  • 部下はSPKのレスター・ジェバンニ・ハル=リドナー

  • ハルは高田の護衛として高田に接近。

  • ジェバンニはテルの尾行。既に偽ノートに触れている。

  • ジェバンニはテルがノートに書き込む瞬間、死神が憑いていないともらす瞬間を見ている

  • 相沢には「余計なことをせず監視を続けて欲しい。」と言ってある。

  • 第2のキラであったミサと模木を監禁

  • ニアは全ての準備を終えてライトと直接対決を申し込んだ。


メロサイド


  • 仲間は正体不明のマットのみ

  • 現在は高田の監視を行っている。

  • ライトに本名(ミハエル=ケール)を知られている。

  • メロはハルを通してSPKの情報を入手可能。


 前回、「蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ」様で高田を監視しているのはメロではないか、と考察されていました。確かに消去法でいけば高田を監視する人間はメロだけ、しかも今週メロが登場したことからこの考えは正しいと思われます。うーん、さすがシータさん、洞察力が違います。私ももっと精進しなければ。




 ここで、今後の鍵となる偽ノート情報を整理しておきましょう。

偽ノートまとめ

  • テルはライトの指示でノートを5枚高田に送った

  • テルは偽ノートを作りそれで裁きの真似事をする

  • 実際に裁きを行うのは高田。

  • テルは普段から偽ノートを持ち歩き、ジェバンニが触れたのはそれ。

  • テルが酔っ払いを削除する時、ノートに書き込む前に写メを撮り、メールで送信した。そして高田が酔っ払いを殺害。
    →つまりテルは外では偽ノートを使っている。

  • 本物はセキュリティーの厳重な自宅に保管。


以上のことを踏まえたうえで今回の考察に入りましょう。 




今週の要点

1、ライトとニアが会うための詳細を決定。その詳細は
  • 互いの捜査員全員がその場に集結すること

  • ミサは集合直前に解放

  • 場所は横浜市大黒埠頭、東南側の外れにあるYB倉庫。

  • YB倉庫内は入り口はひとつ。周りは全て壁に囲まれている。

  • 互いに隠しカメラ等全ての通信機器は持ち込まない。

  • レムのノートをL以外の人間が持ってくる。

  • 日時は1月28日午後1時

2、ライトは高田とテルに決戦の日時と場所を連絡。
3、メロが高田を拉致



考察・推測

では1~3の順番に考察を。



1、ライトとニアが会うための詳細を決定

 ここでニアの提示した条件の必要性を考えていきましょう。

・互いの捜査員全員がその場に集結すること

 これはライトをおびき出すための条件です。ライトはSPKを皆殺しにできる機会を欲していますからSPK全員がその場に集結する必要があります。
 また、ニアの味方である相沢をその場に連れてこさせることでライトがニアの提示した条件を守っているかの確認もできます。

・場所は横浜市大黒埠頭、東南側の外れにあるYB倉庫。
・YB倉庫内は入り口はひとつ。周りは全て壁に囲まれている。
・互いに隠しカメラ等全ての通信機器は持ち込まない。

これは2つの意味があります。まず、望遠レンズ等でニアの顔を見られないため
 2つ目はこれがライトの策を実行するための必須条件であるからです。ニアはライトをおびき出そうとする以上、ライトに勝機があるような条件を提示しなければなりません。

・レムのノートをL以外の人間が持ってくる。

 これはニアの策のための条件ですね。ノートを持ってこさせ、相沢に見張らせることでノートを誰かに使わせることを防ぐ目的でしょうか?
ちなみにノートを持つ人物は消去法で松田でしょう。

・日時は1月28日午後1時

これはテルの裁きの時間を計算に入れたニアの策のための時間ですがこれは後述します。




2、ライトは高田とテルに決戦の日時と場所を連絡。

 早速その日のうちに日時と場所を連絡するライト。既に指示は全て出してあるのでこれだけで十分なのです。

3、メロが高田を拉致

 前回、メロが高田を監視していたのはこのためでした。慎重な作戦運営を基本とするニアに対して、大胆な実力行使を得意とするメロの真骨頂と言えるでしょう。
 では何故高田を拉致したのか。久しぶりに登場のメロですがハルから大まかな状況を聞いている、と言う前提で話を進めましょう。

 まず、最終回予想で書いたとおり、高田はノートの切れ端を持っており、ニアもその可能性、yキラの可能性も考慮に入れています。しかし、高田を拉致してしまうとテルにライトの策を連絡することができなくなってしまいます。それではライトが高田救出を優先するとの名目の元、決戦の地に現れない可能性が出てきます。
 よって、メロが高田の連絡役としての役目を終えた後で彼女を拉致したタイミングは大正解であると言えるでしょう。ちなみに高田の密会はハルから教えてもらったはずです。
 これならば、テルに指示が出せている以上、この千載一遇の好機を生かすべくライトが出てくる可能性が大きいです。

 ただ、これはニアにとってのメリットでしかありません。メロはニアのコマとして使われることを嫌悪しているので、何をたくらんでいるか気になります。
 とりあえず、高田は銃でも突きつければ洗いざらい話してくれそうなので情報源としての価値はあります。でも、それだけなのか。ここでメロが高田の持つノートの切れ端を入手すれば状況はさらに混沌としたものとなります。
 そうすればライトはメロをやむなく殺害ニアにその現場を押さえられる可能性もあります。


ライトとニアの策の予想

ライトの策

ライトの策の成功条件として


  • ニアにテルの生活習慣を掴ませる。

  • テルに死神が憑いていないことを確信させる。

  • テルがxキラであると確信させる。

  • SPK全員を一度におびき出す。

  • 壁に囲まれ、入り口がひとつしかない場所で会いたい。

  • 高田とテルに決戦の日時と場所を教える。



が提示されています。

 とりあえず、キラ崇拝者をYB倉庫に派遣したり、マスコミを詰め掛けさせて殺すと言うのは一度失敗しているので行わないでしょう。第一、自分もLとしてキラに殺されてしまいます。

 これから考えられることは尾行の付いていないテルを倉庫近辺に潜ませニアの顔を見させ、テルに本物のノートで殺させることでしょうか?これならば高田や偽ノートに何をされていようが確実です。

 ただ、それではライトの正体をテルに知られてしまいます。もちろんニア・メロを始末した後に関係者皆殺しなので関係ないといえば関係ないのですが。
 それにテルが仕事休むとは考えにくいのですが。

ニアの策

 ニアの勝利条件はライトにノートを書かせた上でその現場を押さえること、です。そのためにはライトの策に乗り、自らの顔写真を撮らせ、それをテルに見させるのではないでしょうか?

 ただ、テルが削除を行うのは深夜0時過ぎ、そしてこの28日は木曜日。つまり、テルがジムに行く日です。ですからそこでノートを奪うなり偽者にすりかえるなりしてノートを使用不能にし、高田も拉致されている今、ライト自らノートに名前を書き込ませる策ではないでしょうか?

 ノートを持ってこさせるのもそれ以前にそちらのノートにニアたちの名前を書き込まれるのを防ぐためです。

 もちろん、二人の直接対決でライトがすぐにニアを殺さなければならない程度まで追い詰める必要があります

 ただ、やはりニアがどのような策を取ろうともノートに最初に書かれるのはニアなんですよね。ニア生存、勝利はありえないのでしょうか?


その他

 今回高田親衛隊は銃を持っていました。今後4年間で銃刀法が廃止されるとは考えにくく、国家権力はキラを黙認しているだけで積極的に支援しているわけではないので、彼が警察官で、公務で高田を護衛していたり、親衛隊に銃の携帯が許可されているとは考えにくいので彼は銃刀法違反で裁かれるべきでは?

 それとも、キラ崇拝者は裁きの対象外?ますますキラによる新世界はろくなものじゃないですね。



先週の予想結果と来週の予想


先週の予想結果

題名「全員」

 全員集合で大正解!2週連続の正解で嬉しい限りです。

題名「二人」

 順当に考えればメロと高田の「二人」。後は
「俺たち二人(ニアとメロ)はLの後継者だ。」
「大丈夫。僕と魅上の二人がいれば十分だ。」
マット「俺とメロの二人は…」
かな?




FC2ランキング
人気ブログ記事検索 ブログルポ
ブログランキング
クリック募金-クリックで救える命がある。

ジャンプのページ
デスノートのページ
過去記事トップページ

スポンサーサイト

テーマ : DEATH NOTE - ジャンル : アニメ・コミック

01:57  |  デスノート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/76-e968378f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。