*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.11.17 (Thu)

『宇宙戦争』感想




 『宇宙戦争』のDVDを見ました。
 感想を一言で言うと「本来3時間の映画を2時間に短縮した」という感じの映画でした。見終わったとき「これで終わり?」と思ったし。原作をどこまでいじっていいのかという迷いが感じられました。監督スピルバーグ、主演トム・クルーズということで期待しすぎたのかもしれません。

 よって以下の感想は辛口になってしまいますのでこの映画を面白いと思った方、申し訳ありません。

 あらすじは公式HPで。

これより先は映画の内容を含むのでご注意ください。

【More・・・】

 原作との大きな変更点のひとつが主人公とその家族が話の中心になっていますがこれがどうもあまりうまくいっていない。最初のうまくいっていない(両親が離婚しているのだから当然だけど)家族の雰囲気はよく出ていましたが。そのあとがちょっと…。

 まず主人公のレイですが、だめ男すぎ。トライポッドから逃げてボストンへ逃げるものの何か考えがあるわけではなく、息子のロビーが罵倒したままの理由でしかなかったというのは…。これでは感情移入できないですね。ロビーに罵倒されたことで彼が成長した描写があればよかったのですが…。

 ロビーは年齢を考えればあんなものかなと。

 娘のレイチェルですが叫びすぎです。すごく馬鹿っぽく見える。最初のキャラクターから言えばむしろ非常事態でもレイよりも冷静に行動しそうな気がするのですが。

 一番の不満点は最後にロビーが生きていたことですね。別れのシーン見たらどう見たって死んでるでしょッ!最初見たとき元奥さんの新しいだんな(名前失念)かと思いましたよ。別に死んで欲しかったわけではないけど自分たちが助かるために赤の他人を(多分)殺してさらにシェリルさん一家が(おそらく)死んだことからもレイ一家は全員生き残っているのは興ざめです。むしろ奥さんも墜落した飛行機に乗っていたとか言われるかと思ってた。
 「Day After Tomorrow」も人類滅亡の危機に瀕したなかで描かれる家族愛がテーマでしたがあちらと同様両方中途半端になってしまった感じです。むしろロビーが主人公で彼が様々なものを見聞きする中で成長する話でも良かったような。
 
 それから侵略者ですが、人類よりも高等な存在、らしいのですが…

100万年前から立てられた計画にしてはお粗末過ぎない?

 特にトライポッド、武器は威力は高いけど範囲の狭いレーザー、いちいち視覚確認しなければ人間を発見できない識別装置、何のためにしているのだかわからない人間の生け捕り・血の撒き散らしと優れているのはシールドだけ、という状況です。いくら強くて数もあるとは言っても一瞬で町をひとつ焼き尽くすぐらいの攻撃力がなければ人類に反撃の隙を与えてしまいます。敗因が原作どおりだったのは人類に対する皮肉が効いてて良かったです。

 後その他。

 最初のトライポッド登場シーンですがハンディカメラを通して描かれています。これはスポンサーになっている日本のある家電メーカーの製品で、少し前にテレビ東京のWBSで担当者が「印象的なシーンで使われていて充分な宣伝効果があった。」とおっしゃっていましたが…。あれ?
 
 トライポッドが出現すると磁気嵐が発生して電気製品は全て使用不能になるんじゃなかったの?
 
 どうしてもこの演出使いたいならトライポッドが出現すると妨害電波を出して通信が遮断されるぐらいにしとけばよかったのに。

 後あの気が触れてしまったおじさんですが(最初はかっこよかったのに)、「100万年前から~」は推理だとしても「大阪のほうでは~」はどうやって知ったの?


 いろいろと悪口を書いてしまったけどトライポッドが襲ってくるシーンとかトライポッドのカメラから逃げ回るシーンは「ジュラシックパーク」的な怖さを感じました。スリル満点でとてもよかったです。
 あと「ヨーロッパは~」情報が錯綜している様子が伝わってきました。スピルバークとしては全て映像で表現したかったのだろうけどもっとこういうわかりやすいせりふや解説が欲しかったですね。車を奪い合う場面とか極限下での人間の醜さの描写も良くできていました。最後の皮肉交じりのナレーション(人類は他の生物と共生する権利を~)もきれいにまとめられてて良かったです。もうちょっと時間かけて3時間ぐらいにすれば名作になったと思うんですけどね。そういう意味では残念な作品でした。
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙戦争 - ジャンル : 映画

18:46  |  映画  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★こんにちは コブタです

同じ映画を語っておられたので TBさせていただきました。

宇宙人のうっかりさ加減はたしかに笑えましたよね(^^;

しかも、、裸っぽい格好で廃屋を探索していたように見えたのは私だけですか?
そりゃ 風邪もひきそうです、、(--;
コブタ |  2005年11月18日(金) 18:53 | URL 【コメント編集】

コブタさんへ

初めまして、コメントありがとうございます!
宇宙人の格好、あれは裸なのでしょうか?確かに気になりますね。目に見えないシールドとかに覆われているならば微生物とかを摂取することもないでしょうし。うーん。
管理人moto |  2005年11月22日(火) 00:51 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/3-2eee98fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●宇宙戦争 (The War of the Worlds)

宇宙戦争というと H.G.ウェルズ原作のSFの有名小説で、1953年にバイロン・ハスキン監督で作られ大ヒットし、2005年スピルバーグ監督によってリメイクされたのですが この2作品それぞれ
2005/11/18(金) 19:12:48 | コブタの視線

映画『宇宙戦争』2週連続レンタル1位!

レンタルDVD(2005年11月7日から11月13日まで)1位(初):『宇宙戦争』2位(1):『バットマン・ビギンズ』レンタルDVD(2005年11月14日から11月20日まで)1位(1):『宇宙戦争』2位(初):『ハウルの動く城』レンタルビデオ(200
2005/11/25(金) 19:34:28 | 萌えきすとらBLOG

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。