*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.07 (Wed)

渡辺喜美・元行政改革相自民党離党へ

渡辺喜美・元行政改革相の一連の騒動は渡辺氏の離党で落ち着きそうだ。始まりは年末に民主党提出の衆院解散要求決議案に賛成したことだったが、そもそもこれを造反と言うのか疑問だ。渡邊氏は自民党の一員である前に選挙で選ばれた国民の代表なのだから、国益を考え、自らの政治信条に従って行動するのは当然のことではないのだろうか?いくら同じ政党に属しているとはいえ、全く同じ考えの人間など存在しない以上、政党内で意見が対立することはあるだろう。ならばそこで話し合いの上意見を統一しなければならないのに、党議拘束をかけ、従わなかった議員を処分するという方法を取るのだろうか?さらには党内の麻生総理批判に対して「気に入らなければ出て行け」といった発言まで出るのは多種多様な考えの人間がいることが前提の民主主義社会の与党として正しい姿勢なのだろうか?説明責任が叫ばれて久しいが、同じ政党の議員ですら規則で縛り、処分の恐怖をちらつかせないと反対派を説得できないのだとすれば責任政党が聞いて呆れる。

一連の渡辺氏の言動には賛否両論あるだろうし、もちろん彼なりの計算に基づいて行われているのだろう。だが、選挙の時ばかり目立って肝心の当選後は消息不明になるような議員が多い中、自分の意思で単身行動に出た意義は大きい。もし、ただ所属政党の決めた結論に従って投票している議員ばかりならば、議論は形式的な儀式に成り下がり、議員はただの頭数と化し、国会は予定調和にことが進むだけの場所になってしまう。そこには相手の質問に答えることを通じて国民に説明なされることも議論の末により良い結論が出されることもない白けきった空気しかない。

麻生総理が渡辺氏の提言書を読んでいないと言い放ったのは残念な話だった。同じ党内の人間の意見すら真摯に受け止めようとしないのでは、国民の声に耳を傾ける気がないと思われても仕方がないのではないだろうか?

他の自民党議員が彼の行動を売名行為とか規律を乱す行為程度にしか見ていないのも残念な話だ。確かに受け入れなければ離党というのは性急すぎた感もあるが、党内からこういった行動に出たことをもっと真剣に考えるべきではないだろうか?党内から麻生総理にチャレンジされたのだから、その原因を考え、自分たちの行動に理があるのか、何か問題があるのか等自身を見つめ直す良いチャンスになるのではないだろうか?民主党ももし、この騒動を自民党を割るチャンス程度にしか捉えられないのだとしたら程度が知れる。

渡辺氏の行動に対する評価は今後によって変わるだろうが、彼が単なる頭数から抜け出したことに対しては評価されてしかるべきだと思う。

参考
渡辺氏が週内離党へ、解散など求めた提言書の首相拒否で(読売)
「離党するしないは個人の話、答えようない」5日の首相(朝日)
渡辺喜美・元行革相、衆院解散要求決議案に賛成(読売)
「党にいたくない人は出ていけ」…森元首相が批判(読売)
2009名に1000円分オンライン商品券プレゼント!新春キャンペーン【トイザらス】

セブンアンドワイ


スポンサーサイト

テーマ : 麻生内閣 - ジャンル : 政治・経済

00:23  |  コラム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/294-571c67a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。