*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.16 (Tue)

忠臣蔵と現代の赤穂浪士

少し遅くなるが12月14日は赤穂浪士討ち入りの日。今日テレビを見ていたら大石内蔵助の背後では朝廷にとって目障りだった吉良上野介を排除したかった水戸光圀つまりは黄門様が糸を引いていたと言う説が紹介されていた。

水戸徳川家は天下の副将軍と言えば聞こえはいいが、江戸幕府においては所詮将軍も出せない傍流。さらに水戸光圀と言えば大日本史に代表されるように幕末の尊皇思想の原点となった存在。番組中では否定されてしまったが、上昇の見込みがない分家が天皇を主君と仰ぎ、朝廷と結んで朝廷の権力強化のために朝廷にとって邪魔な存在を排除したという仮説は中々の説得力があると思った。

さて、忠臣蔵と言えば殿中で浅野内匠頭が吉良上野介に突然切り付け、浅野内匠頭は切腹の上赤穂藩は取り潰しとなったのにも関わらず吉良上野介はお咎めなし。その後大石内蔵助以下赤穂藩の旧藩士47人が吉良邸に討ち入り吉良の首を討ち取ったと言う筋書きだったと記憶している。

強引に現代風に解釈してしまえばこうなるのではないだろうか。赤穂株式会社の浅野社長が不祥事を起こして社長は逮捕、会社は倒産。大石専務以下社員一同路頭に迷うこととなった。元社員の中でも能力やコネがあったものは無事再就職することができたが、それらがない者や社長への忠誠心が強かった大石専務以下47人が残ってしまった。彼らは社長が逮捕される原因にもなったにも関わらず何事もなかったように社会生活を送っている吉良氏に恨みを抱き結託して殺してしまった。と言ってしまうと曲解しすぎだろうか。

現在派遣社員や期間工の大量解雇や新卒予定者の内定取り消しが相次いでいる。赤穂浪士たち同様本人からしてみれば理不尽と思われる理由で突然職を失った彼らは刀の代わりに法律や団体交渉権を武器に立ち上がり始めている。現代の赤穂浪士が戦うのは経営の失敗により職を失う原因となった浅野内匠頭(会社)か経営を悪化させる原因を作った吉良上野介(アメリカ)か、それとも彼らに何の保証を行わない判断を下した将軍徳川綱吉(日本政府)なのか。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:05  |  コラム  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/293-a1cfe06a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

赤穂浪士

支局長評論:下関 赤穂浪士 /山口赤穂浪士ゆかりの地歩く 市民団体企画 川崎と四十七士の縁知ろう赤穂浪士 切腹の絵図見つかる 赤穂浪士が、討ち入りを果たした日に 忠臣蔵と現代の赤穂浪士赤穂浪士?実録忠臣蔵?
2008/12/17(水) 01:05:54 | あいのり 桃 画像 水着

【赤穂浪士討ち入り】についてブログの検索結果をまとめると…

赤穂浪士討ち入り についてブログの検索結果をまとめると…
2008/12/17(水) 09:25:07 | 最新キーワードチェック!

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。