*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.29 (Thu)

妨害活動を言論の自由だと言われてもねえ【二審も元教諭に有罪判決 板橋高校卒業式「妨害」事件】

二審も元教諭に有罪判決 板橋高校卒業式「妨害」事件

04年3月に行われた都立板橋高校の卒業式で、君が代斉唱時に着席するよう保護者らに呼びかけ、式の進行を妨害したとして威力業務妨害罪に問われた同校元教諭・藤田勝久被告(67)の控訴審で、東京高裁(須田賢裁判長)は29日、元教諭の控訴を棄却する判決を言い渡した。

 須田裁判長は、藤田元教諭が校長らの制止を無視して呼びかけ、式の開始を2分遅らせたことが威力業務妨害に当たると認め、罰金20万円(求刑懲役8カ月)を命じた一審・東京地裁判決を支持した。弁護側は判決を不服として上告した。

 控訴審で弁護側は、当時は君が代の斉唱時に起立することなどを定めた都の通達をめぐって教育現場などで議論されていた時期で、06年9月には通達を違憲とする東京地裁判決もあったと指摘。そのような背景から、反対する立場の呼びかけを「威力」に当たると積極的に評価すべきではない▽呼びかけは憲法が保障する表現の自由に基づくもので、妨害した結果もなく刑事罰に問うべきではない――などと主張していた。

 これに対し、この日の判決は、「君が代の伴奏命令が思想・良心の自由の侵害にはあたらない」とした最高裁判例を挙げ、「議論があったことが、直ちに『威力』にならないと判断する事情にはならない」と指摘。元教諭が校長らの制止に怒号で抗議したことなどを「威力」に当たると認めた一審判決の判断に誤りはないとした。

 表現の自由については、「憲法が絶対無制限に保障したのではなく、公共の福祉に必要な制限に服することを認めている」としたうえで、「明らかにその場の状況にそぐわない大声で呼びかけて喧噪(けんそう)状態に陥れ、校長が法律上持つ権利である、式の円滑な進行を現に阻害した」と批判。「たとえ思想を外部に発表する手段であっても、他人の権利を不当に害することは許されない」と述べた。



もう何て言うか「たとえ思想を外部に発表する手段であっても、他人の権利を不当に害することは許されない」というのが正しすぎて、ね。
確かに主張しても良いけど、それで教え子の卒業式に水注すのはどうよ?

まー、結局のところ、君が代・日の丸を徹底するように指導している行政側も、抵抗するように呼びかける教員側も子供をダシに自分の思想を強制しているという点では全くの同類なんだよね。
愛国心だなんて自然と育まれるものであって、日本人に愛国心がないのならば愛されるような国家ではないということであり、国民は愛せるような国家に作り変えていく必要があると思うですよね。だって主権は国民にあるのですから、自分たちで作ったものが気にくわないのなら気に入るように作り直せば良いだけの話なのだし。
そもそも国家に依存しなくても生きていける時代になりつつあるというのに、国家にそこまで執着するのがまずどうかと思いますしね。重要なのは自分自身がどのような生き方を選択するのかであるのだから。

まあ、ともかくこういうゴタゴタがあるだけでも自分に子供が生まれても公立には行かせたくないなあ、と思う私です。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

23:44  |  ニュース  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/271-481c1d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

??? /δ??? by Goodor Bad

?/δ????????ΰ????λ??????????????Τ?????Υ???ä顢????
2008/05/30(金) 23:04:21 | by jp & Blog-Headline

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。