*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.11 (Sat)

新連載まであとわずか?【ジャンプ】50号感想

NARUTO-ナルト- 木の葉スピリッツ!! 特典 ナルト&カカシの傀儡人形付き


今週発売のNARUTO-ナルト- 木の葉スピリッツ!!ですけど特典がナルト&カカシの傀儡人形だそうです。一体どの層に需要があるんだろう?

今回の感想は以下のとおり。表紙&巻等カラーは連載2周年のムヒョとロージーの魔法律事務所。テニスの王子様は休載。

『ムヒョとロージーの魔法律事務所』第94条 勇気
『NARUTO-ナルト-』NO.330:悲しき報せ…!!
『ONEPIECE』第425話“白ひげと赤髪”
『エム×ゼロ』M:27 魔法部解禁
『BLEACH』251.Baron's Lecture 1st Period
『D.Gray-man』第97夜 ノアズメモリー・5
『アイシールド21』209th down 最期のセレモニー
『太臓もて王サーガ』第64章 異端者討魔師
『P2!』STEP8 春の終わりに
『家庭教師ヒットマンREBORN!』標的121 ゴーラ・モスカ
『銀魂』第百四十一訓 人生にセーブポイントはない
『ToLOVEる-トラブル-』トラブル28 恐怖の発明品
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』パーソナルサブマリンの巻
『魔人探偵脳噛ネウロ』第85話 光【ひかり】
『HAND’S』No.7 五人
『Over Time』第17話 檻
『斬』十六太刀 秘剣


いつもだと新連載は52・1・2と三作品のはず。となると、来週か再来週辺りから3作品終わるはず。まあ大体どれかはわかりますけど。

【More・・・】

ムヒョとロージーの魔法律事務所


友情・努力・勝利!


強敵ミックに様々な手を尽くすも手も足も出ず傷ついていく仲間たち。それをみて無力感に苛まれるロージーが一発逆転の奇策を考案する。そして勇気を振り絞り最後の攻撃に転ずる梅吉と七面犬。パンジャが襲来したときはムヒョのピンチにも関わらず動けなかった梅吉が勇気を振り絞って強敵に立ち向かう。ムヒョ・毒島・ロージー・七面犬みんなが梅吉の活躍を期待している。そして梅吉がそれに応えた。
「勇気を身につけるんだ」
その毒島の言葉も今は本当の意味がわかる。そしてついにミックの魔の根を破壊することに成功した…ッ!

最近では珍しいぐらいにジャンプ的展開。


今回は今井さん救出作戦のヤマ場で、梅吉登場からためにためてきた梅吉の勇気を振り絞る伏線がとうとう発揮されるシーンでした。巻等カラーにふさわしい回で西先生の計算された構成の元に成り立っているのだと思います。でも、私はそれに乗れない。さて、何でだろう?と思ったわけ。



正直ムヒョロジは面白いとつまらないを行ったり来たりしているような作品だと思います。最初は悪霊を裁く法律を意識した話だったのに最近ではスタンドバトルになりつつあったり、話に一本筋が通っていないこと。それから連載当初の設定や世界観の構築が不完全だったためにバトル化した今でもすごそうな使者は登場するものの肝心のバトル描写がイマイチ盛り上がりに欠ける気がします。
個人的には昔みたいに

すごい使者登場→瞬殺

みたいな話の方が好きだった。ソフィー戦みたいに使者が呼べるかどうかが戦いの焦点で、使者召喚に成功すれば勝ち、みたいな話の展開。だけど、禁魔法律家たちが登場し、戦いが悪霊ではなく魔法律家同士になる展開に移行した現在では使者同士の戦いがメインにならざるを得なくなります。となると、今までのようにハッタリは通用しなくなってきます。
正直今のバトルメインの展開を成功させるにはバトル描写もストーリーメイキングも今ひとつレベルアップしないと厳しいと思う。


せっかくの2周年なのにこんなきつい評価になるのもどうかと思うけど、西先生も初連載でありながら非情なジャンプの打ち切りレースを2年も生き残るだけの実力があるのですからよりいっそうムヒョとロージーの魔法律事務所が面白いマンガになることを期待してます。


NARUTO-ナルト-


ナルトのアイディアとは先々週の予測どおり影分身を使って形態変化と性質変化を別々にやることでした。しかしこれがなせるのもナルトの膨大なチャクラ量があるからこそであり、発動まで隙だらけのこの技を実戦で使えるのも影分身という壁があるから。これはミズキ先生に感謝するところか?


>アスマは木の葉丸の叔父


同じ猿飛姓だからそうなんだろうけど、アスマに猿飛って苗字つけた後に忘れて3代目を猿飛にしたつじまじ合わせての気がしてしょうがない。多分アスマというキャラ自体初期から登場していたにもかかわらず今までほとんど掘り下げがされておらず(イタチ戦でカカシの前座にされたぐらいしか覚えてない。)最近急にクローズアップされてよくわからないまま死んだせいかな。


ただ、前も書いたけど、現在ナルトたち主人公サイドに暁と戦う理由が全くないから、サスケルートが使えそうにない今、そのきっかけとしてアスマの死→シカマルたちが暁と戦うというところから入っていくつもりなのかな?
どうもナルトは話の展開に四苦八苦してるように見えてこんなことばかり書いてしまう。


ONEPIECE


ついに対峙した3大勢力四皇の“白ヒゲ”エドワード・ニューゲートと“赤髪”のシャンクス。この話の流れ次第では世界情勢が大きく変化する一大事件。そしてその内容はあの黒ヒゲことティーチ。

シャンクスはエースにティーチを追うのをやめさせるよう言うものの白ヒゲは受け入れず交渉は決裂。そして一方黒ヒゲ海賊団にもエースがついに追いついた。


片や世界最強の海賊同士の激突、片やルフィの兄にして自然系“メラメラの実”の能力者“火拳のエース”とシャンクスに傷を負わせるほどの実力者ティーチの対決。これは面白くなってきましたよ。


>エースを止めてくれ


これは単純にエースは黒ヒゲに勝てない、ではないと思う。シャンクスは2人が戦うことではなく、出会うこと自体を危惧してるように聞こえる。
多分黒ヒゲはDの血族や世界の核心にかなり近づいてるんじゃないか。そしてシャンクスも白ヒゲがロジャーを“ゴール・D・ロジャー”と呼んでも当然な反応しなかったこと、彼がロジャーの船に乗っていたことからもかなりのところまで知っている。だからこそ黒ヒゲを脅威に思い、彼にDの一族であるエースが接触することを避けさせようとしたんじゃないだろうか?

しかし白ヒゲはそんなことよりも仁義を優先する。それで衝突したわけだけど、この調子で行くと白ヒゲが一番最初にリタイヤしそうな気がする。


>シャンクスとバギーはロジャーの船の見習い


400話ぐらい前のエピソードがまさかこんな大きな伏線だったなんて…。となると、見習いでもロジャーの船にいたということは、シャンクスは世界の真実、ラフテル、ワンピースを知っているかもしれないということですね。まあシャンクスはともかく、バギーも知ってたら驚きですけど。本当にバギー&アルビダコンビの再登場は近いかも。
しかし、それならなぜ彼らはラフテルに到達できないのか。単純に3大勢力が互いに邪魔しあってていけないだけかもしれないけど、実は本当の目的はワンピースを手に入れることではなく、他人の手に渡らないようにすることなのかもしれない。
というか、シャンクスがまともに話すのって多分3回目ぐらいだからよくわかりません。


あと、シャンクスも鷹の目も自由に世界の海を行き来できるみたい。



エム×ゼロ


今回とうとう九澄が魔法を使えるようになるかも、という段階まで来ました。でも周りの1年と同じかしたのランクのプレートじゃあこれよりもかえって苦しくなることは目に見えてるし、なによりタイトルが…。

それと「ランクアップするかどうかは自由」「ポイントが必要分たまっていれば一気に何段階も上のプレートに格上げすることも可能」という話を総合すると、九澄の選択は“M0のままでゴールドプレートに必要なポイントをためる”ってことになりそう。


今までは九澄の成長とM0の説明に時間を使ってきたけど来週からはラブコメ編か?


BLEACH


敵のすごさを見せてから逆転はいい加減飽きた。ワンピース同様どんなにやられても「結局勝つんだろ。」と思ってしまう。だからネルの意外な活躍に期待。



D.Gray-man


>スキンの上部に浮き上がる口


何かアクマみたいに見えた。先週のノア化の話といい、ノアの一族もまたアクマのように何か別の意思に乗っ取られた人間なのかもしれない。
老いにくく、死ににくくなった替わりに他人(白銀)の意思に支配されるようになったしろがねみたいに。


>命をすう三幻式だ


まるで斬った相手の命を吸うように聞こえるけどあくまで自分の命だけ?


これで本当に神田が死んだら星野先生はすごいと思う。


アイシールド21


濡れマスクって花粉症とかで鼻詰まってる時にして寝るとのど痛めなくて良いんですよ、と言ってみる。


>石丸さんまたそのセリフ言ってる


陸上部なのにずっと助っ人してくれてるのに扱いはずっとこんな感じってちょっとひどいような。これが石丸使った秘策の前振りだったらすごいけど。


>試合前に涙が出てきて試合の後はみんなが涙で笑ってそうな…


序盤で完敗した相手に成長して再び戦いを挑む。ただ、強敵と戦うんじゃなくて完敗した頃から今までの道のりが思い出されてなんとなく切ないというか感無量になります。FF5のギルガメッシュ思い出した。


>我々は敵と闘いに来たのではない。倒しに来たんだ!
>glory on the kingdom!!

>俺らは敵を倒しに来たんじゃねえ。殺しに来たんだ!
>ぶっ殺す!YEAH!!

以前も同じ始まりだったけど、あの時は貫禄溢れる王者とその王者に無謀にも戦いを挑む新興勢力だった。でも今は違う。互いにその実力を認めた、強敵との戦い。どちらもただ、試合に勝つために全力を出そうとしている。
本当に今回は第1話から読んでる読者には「ここまで大きくなって…」みたいな親心というか感慨深いものがあって涙出そう。


太臓もて王サーガ


触手プレイ(春菜)に胸にケーキ(沙姫)、それに女体盛(ララ)。
とらぶるの女性キャラの魅力?を兼ね備えた宏海こそがロージー打倒を果たす!
…かもしれない。


P2!


>可愛げのない


いつも思うけど、これって授業が聞かなくても問題ないと思われてるってことで怒るとこじゃなくて自分を恥じるとこだと思う。
大体ほとんどの教師の授業って教科書読めばわかることや一言言えばわかることをグダグダクドクド話してるだけで何の付加価値もなければ、知的好奇心を刺激するような話もできてないと思う。というかそうだった。わかりきった話を一方的に延々と聞かされるほど苦痛なこともない。それで寝るなとか内職するなとか言うほうが無理があると思う。
そもそも教師は自分の話を聞いてもらって当たり前、というのが間違ってる。


とりあえず教師って人種はテストの点さえ取っとけば強くは言わないし、そうじゃない力量のなさを権力でカバーしようとする教師は適当にスルーするのが吉。教師の力量や性格は最初の授業で計れるからそこで1年間の授業中の過ごし方を決めておくと少しは有意義な学校生活が送れるかもしれない。


以上、学生時代の恨み言でした。


本編ですけど、先輩たちが初心者のヒロムがどうやったら練習に参加できるかいろいろ考えててくれるのがいい。ゲームの雰囲気でも先輩たちが技を披露したり指導してくれるし、部員同士の得意技や実力を見ることもできるよく考えられた方法だと思います。なんかこう、卓球をうまくなるためにみんな一生懸命で、ライバル心とチームワークのバランスをとりながら和気藹々とやってるの見ると「卓球って面白そうだな」と思ってきます。
乙女ちゃんはいい感じが清涼剤になりそうなのでこのままマネージャーになっちゃいなよ。


家庭教師ヒットマンREBORN!


中の人いた!しかも9代目ッ!


これは予想しなかった展開ですね。まさかそう来るとは。
しかしこの場合どうなるんだろ?
確かに9代目をモスカの中に仕込んだのはXANXUSだけど、彼の計略に乗ってモスカを壊して暴走させたのは雲雀、その騒ぎにおびき出されて実際にモスカを破壊したのはツナ。
そもそも現在大空のリングはXANXUSの手にある。このあとはどうなる?ルール無用の殺し合いになるのか、それともXANXUSが10代目になるのか。来週が楽しみ。


銀魂


戦うメイドさんってありそうなジャンルだけど、空知先生にかかると何か違うものになりますね。話の筋が全然見えないからそれは来週に。神楽が久しぶりに活躍してくれてうれしかった。


ToLOVEる-トラブル-


今度は小さくなったリト。

・更衣室を覗き
・春菜に見つかる
・ララが見失う
・どっかに飛んでく

ぐらいじゃあ普通だから長谷見先生の狙いはこのままリトをララにくっつせることで、裸を見られても動じないララが見せる普段とは違う表情のギャップで攻める気かな?


こちら葛飾区亀有公園前派出所


ラジコン潜水艦からミニ潜水艦に乗ろうってなって最後は本物にやられる。
なんというか昔のこち亀風の話でした。ただ、どうせならラジコン話とミニ潜水艦話で別々の話にしてもっと話を膨らませて欲しかったとも思う。


魔人探偵脳噛ネウロ


絶対笛吹さんは胃薬をビンで持ち歩いてボリボリ食べてる。これで胃が痛くならないわけがない。でも魚肉ソーセージまずいといいつつ弥子にもらって食べてたり、弥子の恐ろしさを忘れて出前頼み放題とか言っちゃうのがこの人らしい。
空母にPCもって背泳ぎで集合する中毒者の集団は実際に見たらしばらく夢に出てきそう。


>悪巧みは私も大好きだがあんな風に世界のバランスを崩す悪巧みをする奴とは…正直ポリシーが合わん
>奴は…電人HALは許される存在ではないのだ!!


裏社会代表の早坂と表社会代表の笛吹に同じことを言われるHAL。国を愛す男笛吹、裏と表の区切りを重視する早坂の両方がHALを存在することそのものが許されない存在。もし、HALが電脳空間の片隅に住み着くだけだったらこんな騒動にはならなかったのだけど、彼は生きるために全人類を敵に回さなければならなかった、そう彼の目的のために。


>こんな…くだらない理由で…?


HAL自身、常人には理解できない、といっているのですから常人の弥子にとっては実にくだらない理由だと思うんですよね。ヒントは2つの単語。さっぱりわからない。


HAND’S

ついにちゃんと試合描写でました。わかりやすくて、スピード感、迫力もあるのでこれで魅せるシーンとかが描けたら面白そう。でも人物の書き分けが…。同じように見えたり、アップと全身で別キャラに見えたりする。
それにいきなり練習試合でコーチが親父ってもうまとめに入ってると受け取っていいの?


Over Time


いきなり出てきた雲水、もとい峯扇君はなんで野球好きなくせに野球部ない高校に入ったんだ?なんて疑問がどうでも良いくらいに高森が最悪だ。いやな奴超えていっちゃってるとしか思えない。
女子殴って評判ガタ落ちだったのに天野洋一先生は自分の欠点がまるでわかってない様子。

そもそも、スポーツマンガはスポーツが主役なんだからそんな奴が野球やってる時点で主役の格を落としてる。だからスポーツマンガに敵役は必要だけど悪役は必要ない。
スポーツマンガならばそのスポーツやってない人間でも「野球っていいなあ。やってみたいなあ。」と思えるのが良作だと思う。

もちろん、野球という題材を使った人間ドラマメインの話ならばそれほど野球の魅力を見せる必要はないとは思う。
でももし、天野洋一先生が敵キャラを貶めることでしか主人公の魅力を引き出せないのだとしたら、それは他人の欠点をあげつらって笑いを取ることしかできない芸人みたいなもので、ストーリーテラーとして三流と言わざるを得ない。


とにかく、あと2・3回だと思いますが少しでも次回につながるものを見せてくれることを期待します。




ホントこのマンガにはただものじゃない人と並みの手練じゃない人ばかりだ。

でも杉山先生は語彙力と文章力のなさはともかく(人のこと言えないけど)、全体的にかなりレベルアップしたんじゃないかと思う。このあと討条倒して仲間になって、月島さん助けに行ったらなんか花咲さんと仲良くなってて、斬が月島さんに告白して読みきりと同じ結末、になりそうな気がする。


TB:
【大経典】週刊少年ジャンプ50号/030(ラブ教総本山さん)



ブログランキング
クリック募金-クリックで救える命がある。

FC2 Blog Ranking



過去記事トップページ

ジャンプのページ
>デスノートのページ


◆今月発売のジャンプコミックス


エム×ゼロ 1 (1) エム×ゼロ 1 (1)
叶 恭弘 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る

謎の村雨くん 1 (1) 謎の村雨くん 1 (1)
いとう みきお (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
こちら葛飾区亀有公園前派出所 152巻 (152) こちら葛飾区亀有公園前派出所 152巻 (152)
秋本 治 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
NARUTO 巻ノ35 (35) NARUTO 巻ノ35 (35)
岸本 斉史 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
みえるひと 6 (6) みえるひと 6 (6)
岩代 俊明 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
ツギハギ漂流作家 3 (3) ツギハギ漂流作家 3 (3)
西 公平 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
To LOVEる-とらぶる 1 (1) To LOVEる-とらぶる 1 (1)
矢吹 健太朗、長谷見 紗貴 他 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
D.Gray-man Vol.9 (9) D.Gray-man Vol.9 (9)
星野 桂 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
メゾン・ド・ペンギン 2 (2) メゾン・ド・ペンギン 2 (2)
大石 浩二 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
アイシールド21イラスト集FIELD of COLORS アイシールド21イラスト集FIELD of COLORS
稲垣 理一郎 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
スティール・ボール・ラン 10 (10) スティール・ボール・ラン 10 (10)
荒木 飛呂彦 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
るろうに剣心 9 完全版―明治剣客浪漫譚 (9) るろうに剣心 9 完全版―明治剣客浪漫譚 (9)
和月 伸宏 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
るろうに剣心 10 完全版―明治剣客浪漫譚 (10) るろうに剣心 10 完全版―明治剣客浪漫譚 (10)
和月 伸宏 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
ONE PIECE―THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵 ONE PIECE―THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵
尾田 栄一郎、浜崎 達也 他 (2006/03)
集英社
この商品の詳細を見る
Dr.スランプ 3 完全版 (3) Dr.スランプ 3 完全版 (3)
鳥山 明 (2006/11/02)
集英社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

21:57  |  ジャンプ  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

テニプリの休載でJUMP購入を真剣に悩むkyousoです。

■ナルト
>現在ナルトたち主人公サイドに暁と戦う理由が全くないから
ん~私的には我愛羅の敵討ちで納得はしていますが、、、
里全体で見るとなんで戦っているのでしょうね???

■OVER TIME
>疑問がどうでも良いくらいに高森が最悪だ
激しく同意!ていうかココに来てあのキャラの必要性が皆無、、、
その他は結構秀逸なんだけどなぁ(汗)余計に残念、、、
kyouso |  2006年11月14日(火) 12:29 | URL 【コメント編集】

>kyosoさん

好きなマンガが載ってないと買う気なくなりますよね。

■ナルト

我愛羅の件は我愛羅が無事(?)帰ってきてめでたしめでたしだと思っているのであまり関係ないと思います。でも、今回の件で暁が明確に木の葉に被害を及ぼしたってことでやっと対決する気にになったのではないでしょうか?

■Over Time

今週の話は途中まではけっこう楽しめてましたけど最後の高森で一気に気分悪くなっちゃって全部吹き飛んじゃいました。良いところもあるんですけどこのマイナスポイントが大きすぎますね。
moto |  2006年11月14日(火) 22:53 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/239-10a347a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

【大経典】週刊少年ジャンプ50号/030

ネタバレ必死、週刊少年JUMPです。毎度お馴染みになります1日遅れの更新です、、、★☆★☆★☆ピックアップ★☆★☆★☆【ナルト】アスマの死知り崩れる紅が可愛そうで仕方ない今回。しかし、今回はアスマを呼び捨てでなく『アスマ隊長』と呼ぶシカマル....
2006/11/14(火) 08:25:04 | ラブ教総本山

【大経典】週刊少年ジャンプ50号/030

ネタバレ必死、週刊少年JUMPです。毎度お馴染みになります1日遅れの更新です、、、★☆★☆★☆ピックアップ★☆★☆★☆【ナルト】アスマの死知り崩れる紅が可愛そうで仕方ない今回。しかし、今回はアスマを呼び捨てでなく『アスマ隊長』と呼ぶシカマル....
2006/11/14(火) 08:25:37 | ラブ教総本山

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。