*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.12 (Thu)

【DEATHNOTEアニメ版】page.2対決 2人の神Lとキラ

DEATH NOTE (2)


火曜日はデスノートの日です。


前回はライトとリュークと幸子しか出ていなかったけど、今回は総一郎や粧裕、そして何よりも宿命のライバルLがキラに宣戦布告します。
この2人の初対決を見て私はデスノートにはまりました。そのデスノート最初の名勝負が見られる今回は必見です。


さて、アニメではあの名勝負がどうなっているのか…











ビデオ撮り忘れたよ。





2回目にして皆勤賞ならず。寝る直前まで覚えてたのに寝るときにビデオのスイッチ入れるの忘れたよ。というか1時55分開始とかムリ。せめて十一時台にして。



というわけでLとキラの考察でも書こうかと思います。


「何だ見てないのか。」とがっかりされた方はこれでもどうぞ。


DEATH NOTEマニア検定


ちなみに私は84歳でした。



【More・・・】

◆司法制度に割り込んだキラ



まず、簡単に現在の司法の仕組みを見てみると、


事件が起こると、警察が捜査をして(A)、捕まえた被疑者を検察が起訴し(B)、裁判所が判決を下す(C)。


という権力分立システムが確立されています。

ところがキラはこのシステムを乗っ取ります。つまり、A→Bの間に割り込んで勝手に裁きを下してしまいます。図にすると、


A→キラの裁きの判断→心臓麻痺で被疑者死亡
     ↓
  キラに裁かれなかった被疑者→B→C


となります。


◆現行世界の神L


キラは、誰も正体を知らず、ただ犯罪者を影で消していく存在です。Lの挑発とライトの負けず嫌いな性格のために自己主張の激しい世界の調整者から直接の支配者へと変貌しましたが、Lはキラ以前の世界では影の支配者、調整者そのものでした。


凶悪事件が起こると捜査の指揮を執り、事件を解決して世界の秩序を維持するだけでなく、各国の首脳にも直接交渉ができる世界最高の権力者。まさに世界を裏から牛耳る存在といっていいと思います。


◆L次第ではキラとLは共存可能


キラとLは同じく超法規的存在ですが、住む場所が違います。キラがB、Cに介入するのに対し、LはAに介入します。キラのやってることは刑を死刑と無罪のみにしただけですから、Lが何も言わなければLとキラは共存できるわけです。


世界一の探偵Lが犯人を断定し、キラが裁く。ある意味理想のシステムかもしれません。



Lの指示→A→キラの裁きの判断→心臓麻痺で被疑者死亡
          ↓
       キラに裁かれなかった被疑者→B→C



◆神の座を賭けた世界最高の頭脳戦

しかし、Lはそう言う考え方をしませんでした。当たり前です。Lからしてみればキラなどただの犯罪者であり、自分が守っている秩序を乱す憎むべき存在です。


ですから現行世界の神・Lは新しき神・キラ排除に動きます。それがデスノートという物語です。
ですから言ってしまえば、現行世界の神にキラが勝ち、神の座に新たに座るものの、神の座を奪われたものたちの反撃にあって神の座は再び元に戻ったということ。



◆所詮は首のすげかえ


つまり何が言いたいかというと、一般人がこの戦いにあまりかかわらないのは当然、ということです。
キラもLも結局誰だかわからない。Lが2回も替わったことも知らない。ただ、キラという存在が現れ消えていった。


ですからキラとLの戦いと騒いでいるものの、所詮は自分とは関係のない、別次元の話なわけです。
ただ目の前の現実を生きる人々にとって世界を誰が動かしていようと関係ないことなのです。




次回は忘れずに見ます。




関連・参考記事:
このブログのデスノート関連記事一覧


エンディング曲
the WORLD/アルミナ(DVD付the WORLD) / ナイトメア
そろそろ発売
DEATH NOTE HOW TO READ13 / 大場 つぐみ







ブログランキングクリック募金-クリックで救える命がある。
クリック募金-クリックで救える命がある。

FC2 Blog Ranking




ジャンプのページ
デスノートのページ
スポンサーサイト

タグ : DEATH NOTE デスノート アニメ マッドハウス 日テレ

00:36  |  デスノート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/217-0b05e173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。