*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.30 (Sun)

人が集まるサイトの条件

 人が多く集まるサイト、つまりアクセス数の多いサイトというと、まず思い浮かぶのはYahooやgoogleなどの検索サイト、次には現実世界で大きな影響力を持つ官庁やテレビ局などのホームページ、オンラインバンキングやオンライントレード、旅行の予約などネット上で様々なサービスを提供している企業のホームページが考えられます。

 また、ネット上にしか存在しないにもかかわらず人が集まるサイトも存在します。例えば数百万人が利用するんが掲示板2ちゃんねるや100万人以上のアクセスがあるほぼ日刊イトイ新聞、そしてmixiに代表されるSNSなど、は何故日々多くの人が訪れるかを考えてみましょう。



【More・・・】

 思うに、人が何故ネットを利用するか、その理由はメリットがあるから、ということにつきます。

 もうちょっと詳しく言うとその人が以前そのサイトを見たとき、次の5つのうちのどれかが得られたからそのサイトは再び閲覧されます。その5つとは
・面白いから
・為になるから
・共感が得られたから
・必要な情報が得られるから
・得するから

のどれかです。

 面白いサイトとは、文字通り面白い文章やネタを書いているサイトはもちろん、知的な面白さを提供してくれる考察系のサイトなども指します。個人の運営している人気サイトのほとんどはこれに入ると思います。
 為になるサイトとは、何か新しい知識や情報を提供してくれるサイトのことを言います。例えばニュースサイトがこれに当てはまります。
 共感が得られるサイトとは、前述の2ちゃんねるに代表される掲示板サイトやSNS、チャットやネットラジオなどコミュニケーションを取る事を主目的としたサイトはもちろん、映画やドラマ、マンガの感想サイトも「自分以外にも同じ感想を持っている人がいた」と共感を持てるサイトであるといえます。
 必要な情報が得られるサイトとは、仕事や学習で必要な情報を提供してくれるサイト、データベースなどのことです。自分が行きたいサイトがどこにあるか、という情報を提供してくれるサイトという意味で検索サイトやリンク集もこれに当てはまります。
 得するサイトとは、そのとおり懸賞サイトや入手困難な商品が入手できるネットショッピング、オークションサイトなどのことです。

ですから、人気サイトはこれらのうちのいずれかを満たしたコンテンツを日々提供し、リピーターが付き、彼らが自分のブログや他のブログで紹介することで今の地位を獲得したのでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと、考えたこと - ジャンル : ブログ

21:59  |  考察  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/167-e3f8c1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。