*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.20 (Tue)

≪映画版デスノート感想1≫期待してないって言う人の感想だから。

 デスノート映画感想、まだ本格的なのは書けていないので先にネタバレ(ほぼ)なしの簡易感想をアップします。どちらかというとまだ衛が見ていない人向け。


 でもこれ読んで映画を見に行く気になっても行く気がなくなっても責任は取れません。





【More・・・】

 この映画を見てまず目に付くのがキャラクターの魅力のなさとライトの策のしょぼさです。
 デスノートの魅力は登場人物と読者の予想を裏切る策の応酬にあると私は思っていますからこの二つをおろそかにするということは映画を作った人たちはデスノートが面白い理由を理解しているのか、といいたくなります。
 まず、キャラクターは全体としてわかりやすい、底の浅い人物たちになってしまっています。特に話しに絡んでくる3人の女性(オリジナルキャラ秋野詩織・ミサ・南空ナオミ)演技が下手というかなんと言うかとにかく好感度が低かったです。
 それからライトの策のメインのトリックをそのまま使っているもののサブのトリックを簡略化したり省略したりしているために原作では出てこなかった、またはクリアされていた問題点・疑問点が続出することとなりました。

 他にもライトの行動を始めとしてわかりやすいミスが連発されており原作者と監督・脚本家の力量以前の段階で原作に劣ると思います。

 正直途中で私は立ち上がって帰りたくなりました。それでも最後まで見てください。最後は映画オリジナルの展開となりますが、そこで何とか映画スタッフの面子とライトの人物像を保っている(と思われる)のでそこを見てからでも帰るのは遅くないと思います。


 ここまでは原作を読んだことを前提に書いていましたが、では原作を読まずにこの映画を見る人にとってはどうでしょうか?

 まず、細かい相違点やミスには気がつかないのである程度は楽しめると思います。
 ただ、映画では原作のネーム量の大半を占めた心理描写がほとんどないので、圧倒的に説明が足りません。例えば、レイ・イワマツ(原作ではレイ・ペンバー)殺害のシーンでは、ノートに書かれた以上の説明が行われないのでライトの策の巧妙さ・小道具の意味が全くわかりません。

 しかし、原作では基本的にルールは策を行う前に読者に提示されます。つまり、読者に次の展開を予想する材料を与えながら誰も思いつかないような答えを示し、しかもそれが納得できるものだったということがデスノートの大きな魅力でした。
 それに対して映画ではライトの策が成功→ルール・ノートに書き込まれた内容が公開、という流れを取っています。映画的にはこの方が良いという判断からでしょうが、結果的にはなんとなくわかった気がして先に進むのでそれほど気にならないかもしれません。


結論としては映画版デスノートは

原作を読んで予習してから見に行き、原作とは別物と割り切って深く考えずに見るのがもっとも楽しめる見方だと思います。


ちなみに予習するなら1~3巻までで十分。面白かったら11巻まで纏め買いするのも良し。


DEATH NOTE (1) DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ、小畑 健 他 (2004/04/02)
集英社

この商品の詳細を見る

DEATH NOTE (2) DEATH NOTE (2)
大場 つぐみ、小畑 健 他 (2004/07/02)
集英社
この商品の詳細を見る

DEATH NOTE (3) DEATH NOTE (3)
大場 つぐみ、小畑 健 他 (2004/09/03)
集英社
この商品の詳細を見る



FC2ランキング
人気ブログ記事検索 ブログルポ
ブログランキング
クリック募金-クリックで救える命がある。

ジャンプのページ
デスノートのページ
過去記事トップページ
スポンサーサイト

テーマ : ☆映画版デスノート☆ - ジャンル : 映画

21:32  |  デスノート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/141-64d01eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。