*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.16 (Fri)

映画版デスノートの夜神月は魅上照?

 いよいよ映画が土曜日に公開されるわけですがデスノートに限らずマンガの実写化と言うのは正直期待してません。

 なぜかというと、まず、原作を忠実に再現しようとした場合、マンガだからできる描写が問題になります。実写である以上どうしても再現可能なものに差し替えなければいけないシーン、映像栄えするシーンにしなければならないため、そのままでは原作の劣化コピーになってしまうからです。

 デスノートでは一番問題になりそうなのはリューク、それ以外にも結構派手なシーンは多めなので結構つらいかも。
 リュークはCGでレイ・ペンバー殺害は電車貸しきってやったらしいですがカバーし切れているのか。


 それから原作どおりやっても原作読者は楽しめませんタネのわかっている手品を見せられても全く面白くないですから。先が読めないのデスノートの魅力のひとつだったのですからこれは当然とも言えます。

 じゃあオリジナル展開にすればいいかというと、今度はまた別の問題が出てきます。









【More・・・】

 つまり、原作者の作った世界観や人物・展開を変えるということは原作者と監督・脚本家の力量の差がはっきりと現れてしまうからです。話やトリックを改変するならば、その部分は脚本家や監督が大場先生と同等かそれ以上のストーリーメイキングができないとあきらかに原作よりも悪い展開になってしまいます。


 で、私は先行上映の感想などは見ていないのですが聞きかじった情報によると、大きな変更点が2点なりました。

・ライトが唯一心を許した女性(反キラ派)

 この時点で「女なんてこんなものだ。」と言い切った原作ライトとの違和感バリバリなのですが彼女がライトと論争することでキラの正義について掘り下げができるかも。でもこの設定だと彼女死ぬよね。

 逆にキラであることを彼女に打ち明けられず苦悩するなんてベタな展開は勘弁。
 デスノートの世界では他人の為に動く人は死ぬか(レムとかメロとか)良いように利用されるか(ミサとか)のどっちかですよ。 

・正義について苦悩するライト

 原作では暇つぶしでしたがこっちのライトは正義について苦悩した末にノートで悪人を裁くようです。

 つまり映画の夜神月は魅上照だったんですね。

 まあテルは心を許した女性どころか、母親は削除(心の中で)、そしてクリスマスでも正月でもジムに行くやつですが


 結局なんだかんだで映画は見ると思います。問題は映画館でかレンタルしてかということ。






FC2ランキング
人気ブログ記事検索 ブログルポ
ブログランキング
クリック募金-クリックで救える命がある。

ジャンプのページ
デスノートのページ
過去記事トップページ
スポンサーサイト

テーマ : DEATH NOTE - ジャンル : アニメ・コミック

01:15  |  デスノート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/136-f6e2b5ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。