*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.13 (Tue)

≪ワールドカップ≫日本対オーストラリア戦感想

一言で言うと「実に日本らしい試合だった」。結果はご存知1-3で日本の敗北。前半に1点リードするものの、試合ラスト9分で3点取られるというオーストラリアにとっては最高の、日本にとっては最悪の逆転劇となりました。

前半はとてもいい感じで折り返すものの後半になると疲れが見え始め失点、結局終わってみればぱっとしない結果。つまりはこの前のドイツ戦と同じ、と言うことです。

以下気になったことを箇条書き。素人考えですが。


注)純粋に日本を応援している人には少し不快な意見かもしれません。










【More・・・】











  • 前半の日本の得点、なんかこんなのでいいのってぐらい簡単に入ってしまって拍子抜けでした。柳沢もファールも取られなかったし。正直日本が先制するとろくなことがないのでこのときから不安でした。試合前予想でも1点先制されてから2点連取で逆転、2-1で勝利って言うのが多かったですし。

  • 正直高原はFWとしての仕事ができてなかったような。怪我のせいもあるのでしょうけどがんばっていた柳沢を下げたのはどうだったんだろう。

  • 中村は途中からプレーが消極的になっていたような。後半疲れが見えたし替えるべきだったのでは?

  • 勝負の明暗を分けたのは監督の采配だと思いました。オーストラリアのヒディング監督は日本の守備力を見極め、DFの疲れが見えたところにFWを2人相次いで投入したのが勝因だったと思います。2人が投入された後半30分ごろから日本はいつ点を入れられてもおかしくない状況になっていたし、実際得点したのは彼らですから。
     逆にジーコがDFの盛和を下げてFWの大黒を投入した直後に3点目を取られました。ここまで来ると前から指摘されているとおり、ジーコが指示を出すのが遅いと言うのはかなり痛い欠点だと思います。



 で、明日はクロアチア対ブラジル戦があります。これでもしクロアチアが勝つことになると日本はかなり追い詰められます。でもまあがけっぷちに立たされないとがんばれないのはいつものことなので残り2試合に期待しましょう。解説者に言わせるとクロアチアのほうが日本と相性が良いそうなので。でもこの前の仮想クロアチア、ブルガリア戦は(以下略)

 

 そういえば試合見ながらデスノとかジャンプ感想の記事書こうと思ってたけど試合に見入っててかけなかった。



スポンサーサイト

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル : スポーツ

00:38  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/132-74ec5c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。