*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.26 (Fri)

教員免許更新制、本気でやるの?

教員の質向上を目的とした教員免許更新制について、中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)のワーキンググループ(WG)は26日、現職教員にも適用することが「適当」とする案をまとめた。(各紙より)


 こんな馬鹿な制度本当に実施する気なんですかッ!

 理由を説明すると、



法律書店バナー2

【More・・・】





 まず、昔大学の講義で聞いた話によると年間の教員免許発行数約10万に対し実際に教職につく人間は約500人だそうです。つまりたかが0.5%の為に免許更新制を導入するわけです。なんて無駄なことを。更新に必要な条件が30時間程度の講習ならば現役教員に研修を受けさせればいいだけですし、そのほうがよっぽど効率的です。

 第一講習だけならば更新する意味ないじゃん。それならばこの作者の言うとおり上司(校長)・サービス享受者(生徒・保護者)の評価で5段階成績表を作って1がいくつ以上あったら更新しないとかにしたほうがよっぽど生徒・保護者の望む教育サービスが提供されるはずです。
 そもそも学校というのは憲法26条にあるようにその能力に応じて教育を受ける権利を教授するためにあるわけですから教育側の自己満足じゃ困るわけですよ。

 まああと公務員の安定性がなくなるので教師になる魅力が大幅に減り、なり手が少なくなる、という可能性もあります。


 まあ、とにかく言いたい事は、こんな制度は国民に抜本的な改革をやっているんですよというパフォーマンスに過ぎないということです。

 ちなみにこの制度に文部科学省は大喜びでしょうね。
 何せ免許更新の為に財団法人やら何やら作って新しい天下り先が確保できるのですから









スポンサーサイト

テーマ : 教育問題 - ジャンル : ニュース

22:40  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/127-3809e76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。