*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.23 (Thu)

『白夜行』最終話“白夜の果て”



今回で白夜行もとうとう最終回です。白夜の果てには何がいったい何があったのか?

この先はネタバレを含みます。


【More・・・】

感想



 結局亮司は笹垣にとどめはさせず、青酸ガスを吸ってしまったことで寿命を縮めてしまったようです。今回の行動も自分の死期が近いことを知っていたからこそ雪穂の幸せを害す恐れのある笹垣を殺そうと決意したのでしょう。

 そして自首した園村。亮司に日の当たる世界に戻してもらった彼ですが罪の意識に耐え切れなかったようです。やっぱり彼は良くも悪くも一般人だったんですね。彼が亮司の死を知ったときの反応が気になりますがやっぱり友人として涙を流すのでしょうね。

 雪穂が2号店を故郷に出したのはやっぱり亮司が「田舎に帰りたい」といっていたから、そこに店を開けば亮司が来てくれるかも、という気持ちがあったのでしょうか。
 そしてそこにやってきた谷口さん。雪穂は彼女が相手ということもあってか素直に自分の思いを口にしています。篠塚が掲示板のコピーを持っていたことから彼女も真相を知っていることも承知の上でしょうけど。

 でも結局2人の思いは最終的にすれ違ったままで終わってしまいましたね。もし亮司が笹垣より先に雪穂会えていれば笹垣を刺すこともなく出頭していたかも知れません。

 そして雪穂と同じぐらい付き合いの長い笹垣との決着。亮司の笹垣に抱く思いは複雑でした。いつか自分を捕まえに来るのではないかと恐れつつ自分を捕まえてほしいという願望を抱いていました。そして笹垣が今までの亮司の罪状を読み上げたとき自分を見つめ続けてくれたことに涙したのでしょう。
 でも亮司は息子よりも自分よりも雪穂を優先した。なぜなら自分は雪穂の太陽だから。雪穂は自分の太陽だから。高校卒業以来の彼の人生は雪穂の幸せだけのためにあったから。だから逃げ切れない、指名手配され自分が捕まったら雪穂まで捕まってしまうと悟った彼は自殺したのでしょう。

 でもここで思うことは雪穂の幸せとはなんだったのかということ。それはただ、2人一緒に太陽の下を歩くこと。それだけだったはず。それならば自首して晴れて太陽の下を歩く道を選択したほうがよかったことは本人たちもわかっていたとおりです。でもそれができなかった理由がこの太陽という言葉でしょう。
 自分は太陽だから相手を照らし続けなければいけない、自分の太陽を消してはいけないから相手のためにがんばらなければいけない。
 その想いが2人をつなぐ絆であると同時に呪縛となって2人を白夜の中を歩かせ続けたのではないでしょうか?

 しかし、結局亮司がすべての罪をかぶることで生き延びた雪穂もすべてを失い、白夜の中を歩き続ける羽目になってしまいました。最後の亮司の子供と手を結ぶシーンは結局彼女の望んでいたことはこれだけだったんだなあと改めて感じさせられました。
 
 しかし、その脇にあるスカーレット。これは彼女がここで終わりではなくバトラーに去られても力強く生きていくスカーレットのように再起するという暗示でしょうか?『幻夜』が『白夜行』の続編であるとしたら今後彼女はアメリカに渡り、その後阪神大震災の日に再起のきっかけを作るはずです。


 全体の総括とすれば第1話は文句なしの展開でしたね。特に子役二人はすばらしかったです。2人の別れのシーンは涙腺が熱くなりました。
 その後中盤は正直同じことの繰り返しで失速した感があったのですが終盤になってすべての要素が笹垣によってひとつの線になり、笹垣・谷口・篠塚・栗原・礼子・弥生子がすべて本編にかかわってくる展開はとてもよかったです。原作つきの大きさもありますが最近のドラマの中では完成度の高いドラマだったのではないでしょうか?


 で、ドラマも終わったことですし、原作を読みましょうか。そのうち感想を書くかもしれません。ただ、東野さんの作品ってとにかく文字量が多いんですよねちょっと時間かかるかも。そうしたらドラマの評価が変わるかもしれません。




FC2ランキング
人気ブログ記事検索 ブログルポ
ブログランキング
クリック募金-クリックで救える命がある。


白夜行のページ
過去記事トップページ
スポンサーサイト

テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

21:51  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://passiongmoment.blog35.fc2.com/tb.php/102-711ecab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。