*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.02 (Wed)

鳩山総理辞任で沖縄米軍基地の県外移設は永久になくなったと思う。

鳩山総理がとうとう辞任しましたね。
個人的には、鳩山さんは叩かれるのに慣れていなさそうだったから、お母さんからお小遣いもらってた話のあたりで嫌気がさして辞めるんじゃないかと思っていたから良く頑張ったと思います。
叩かれるのがわかってて2度も沖縄に行くなんてそうそうできることじゃない、これだけでも鳩山総理は評価されてしかるべきだと思います。最後にちゃんと小沢氏も辞めさせたしね。
正直鳩山政権の失敗は鳩山総理自身よりも優秀なナンバー2がいなかったとこにあると思います。

つーか、マスコミも国民も鳩山総理辞めさせてどうしたいの?辞めさせてまで次の総理にしたい人がいるの?
いないのに気に入らないからただ辞めさせただけならば、4年連続で総理が交代した国として日本の国際的な評価が落ちるだけだと思うけどね。

いい加減日本国民はお上頼みを止めるべきだと思う。日本が抱える諸問題は、そんな政権が変わったぐらいでどうにかなるような単純なものでも簡単なものでもないのだから、国民やマスコミはただ政府の至らなさを叩いてうっぷんをはらすのはもうやめて、真に日本はどうあるべきかを国民全体で考えるべきだと思います。

現に普天間問題にしても、日本の防衛政策や日米同盟に関わる話なのだから、もっと国民的議論を経て日本全体の進むべき軸を定めてから決めなければいけなかったと思います。それなのにこうなったのは、性急にことを進めようとした鳩山内閣の失敗であり、そういった議論を喚起してこなかった自民党・公明党とマスコミの責任だと思います。

実際今回の普天間騒動では、みな鳩山総理を叩くだけで誰も具体的かつ実現可能なアイディアを出さないし、移設候補地に名が上がれば徳之島のように「基地は沖縄に帰れ!」の大合唱と、米軍基地問題に関する本土の無関心さ、無責任さ、不誠実さが如実に表れたと思います。ただ反対するだけで具体案を出すわけでも、行動を起こすわけでもなかった社民党も同罪でしょう。

つまり、みんな「問題はいつか誰かが解決してくれる」と思って自分では何もしようとしていないというのが今回の騒動を見ていた私の感想です。

でも、一番愚かだったのは沖縄県民だったと私は思います。今回の沖縄県民の対応によって、米軍基地問題が解決することは、アメリカが自主的に沖縄撤退を決定しない限り無くなったと思います。

だって、今までどの総理も県外移設なんて言わなかったのに、実際にそれを実行しようとする総理が現れたら言うことが「期待させといて結局できないなんてひどい!」なんですから。
沖縄のために県外移設を検討して、アメリカのひんしゅくを買い、他県からは猛反対をされて、挙句の果てにはその沖縄県民からも罵声を浴びせられ、最後には辞任に追い込まれたのですから。
こんなどう転んでも政権のダメージにしかならない問題に取り組む内閣が今後現れるのでしょうか?

ひいては困難なことに挑戦して、できなかったら叩かれるのであれば、今後難しい問題を解決しようとする総理など現れないのではないでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

22:00  |  考察  |  TB(1)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.05 (Mon)

批判する技術

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)
(2003/02)
芥川 竜之介

商品詳細を見る


読んだの高校生の時なんで記憶が曖昧なのだけど、芥川龍之介の『侏儒の言葉』の中に3つの批判する方法が紹介されてたんだよね。
ちなみに、『侏儒の言葉』はA・ビアスの『悪魔の辞典』と並んで好きな本だったりする。

その3つとは『全面否定法』と『半肯定法』、それから『木に寄って魚を得る法』だったかな?

『全面否定法』っていうのは文字通り、相手を頭ごなしに批判する方法。
例えば「あのときのお前の言い方はない、もっとましな言い方はできないのか!」とかね。
まー、言っているほうは感情に任せて言いたい放題言っているわけですから気分は良い。ただし、コントロールの仕方が難しく、リスクも高い。
よほどうまく言うか、うまくフォローをしないとかなりきつくなってしまいますし、コントロールがきかずに(せずに)暴言レベルに達してしまうのもよくある話です。
そうなると、批判した相手から苦手とか怖い、少なくともあまり関わりたくない人と思われるのは間違いないでしょうし、直接批判した相手以外の周りにいた人や、話を聞いた人からもそう思われることも少なくないでしょう。
場合によっては批判した自分のほうが「痛い奴」認定されることも覚悟しておかなければいけません。

『半肯定法』とは、要するに『持ち上げて落とす』と言う奴です。
はじめに、相手のことを褒めたり、親密さをアピールした後に、批判や苦言を呈します。
例えば、「若いのに堂々とした発言ですばらしかったねえ。でも、社内でうまくやっていきたいのだったらもう少し目上の人間を立てた方がいいよ。」みたいな奴ですね。
国語の授業で一回は言われますよね。「重要なのは逆接の後。筆者の言いたいことは逆接の後に来る。その前の文章はどうでも良い。」って。でも人間の心理って奴は不思議なもので、同じことを言われていても最初に褒められたりすると、それで相手に親密感を持ったり、味方だという認識が働くからその後少しきついことを言われても反発しないのですよね。
そうなると、言いたいことを言いつつ、事を荒立てなくて済むし、大喧嘩になる可能性も少ないので大人の対応法だと言えます。それに、この方法は正面から注意しても全く受け入れようとしない人や、逆ギレするような人にも有効です。こういう敵味方分ける人間の方が効果的かもしれません。

つまりは、ここで重要なのはいかにも相手に親密だと思わせ、あくまで相手のために言ってあげてるんだよ、という空気を作り出すことですね。

ちなみに、これに『褒めているように見えて実は褒めていない』を組み合わせる高等テクニックも存在します。
例えば、「とてもユニークで気味みたいな発言する人は初めて見たよ。でも、実力が伴ってないね。」みたいなのかな?うまく例え作れないけど。
要するに、持ち上げる部分ですら持ち上げず、実は批判しているのにも関わらず持ち上げているように聞こえる、と言う奴ですね。ただし、これは使い方を誤るとものすごい皮肉に聞こえるので要注意です。

で、最後の『木に寄って魚を得る法』ですが、これは漢文なんかに良く出てくる『関係ないような例え話とかを使って相手に言いたいことを伝える』という話法です。例えば『漁夫の利』とか。
王様とか、表立って反対意見を述べられない相手に対してそれとなく自分の言いたいことを伝える方法ですね。ただし、これも使い方を誤ればものすごく嫌味になる上、相手の理解力を推し量って話を作らないと伝わらないので加減が難しいです。

簡単なのは、例えば、万引きをした人に「人のものを盗むって良くないですよね。」とかいう奴ですね。あくまで一般論を言っているのにも拘らず、相手にとっては暗に批判されているように聞こえる。でも、一見正論だから反論はできない。事情を知らない人間は批判していることにすら気づかない。
個人的にはこの方法が一番好きです。


まあ、要するに、他人を批判すると言うのはリスクが高い行為です。喧嘩せず、我慢して敵を不必要に作らないようにすることも社会生活を送る上で重要なことですし、成功するにも必要不可欠です。
歴史上でも、旧時代を壊した人間、例えば織田信長などは、そこら中に敵を作りまくったため、頂点を極めても敵が多すぎて天下が長続きすることはありません。その代わり、徳川家康のように敵を作らずに来た人間が新しい時代を築きます。
よく「旧時代を壊す人間と新時代を築く人間は違う」と言われますが、この辺りも絡んでるんではないかと思います。

ほぼ日刊イトイ新聞で『大人の小論文教室』を連載しているズーニー山田さんの『あなたの話はなぜ「通じない」のか』の中にも「何を言うのか以上に誰が、何というのかの方が重要」みたいなことを言ってましたし。
実際、いくら正論でもそれをいうのがいつも問題を起こしているようなPLでは受け入れてもらえるはずがありません。
つまりは相手を批判するならば時と場合と方法を選びましょうと言う話です。

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)
(2003/02)
芥川 竜之介

商品詳細を見る
あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
(2006/12)
山田 ズーニー

商品詳細を見る
筒井版  悪魔の辞典筒井版 悪魔の辞典
(2002/10/09)
アンブローズ ビアス

商品詳細を見る

テーマ : つぶやき - ジャンル : ブログ

17:38  |  考察  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.25 (Mon)

ジャンプ感想を書くとき、やってはいけない10か条

結構前にゴルゴ31様で紹介されていましたが、子供をきちんと叱る(怒るにあらず)のはかなり難しいです。


叱る時、やってはいけない10か条(AllAbout)


ここで書かれていることは子供に限らず上司が部下を叱る時とか色々応用できそうです。でも私は子供いないし、部下持てるほど偉くないからブログに応用するよ。

というわけで今日は批判する文章を書くときの話。
特にジャンプ感想。

ジャンプ感想で批判的な内容を書く時に、やってはいけない重要なポイントがあります。場合によっては、取り返しのつかないことになるケースもあります。ここに、上手な批判の仕方のポイントを「べからず集」の形でまとめてみました。


やってはいけない10か条!



感情的に批判してはいけません。

感情的に批判しないためには、時間を置いて、頭の中で内容を整理してから、記事を書くといいでしょう。感情的に記事を書いてばかりいると読者からひかれる場合があります。


話をよく読まずに、批判してはいけません。
ある作者が嫌いで、その人の新作を読みもせずに批判するのはもちろんいけませんが、話を最後まで読まずに勝手に解釈して批判してしまう人も多いのではないでしょうか。これに限らず、文章を最後まで読まずに批判してはいけません。まず、冷静に、作品を読んであげましょう。
でないと、「ちゃんと読んでから批判しろ」と言われてしまいます。

くどくどといつまでも批判してはいけません。
これでは、かえって書き手の意図が伝わりません。書き手の伝えたい内容は心に残らず、文句を言っているという印象だけが強く残ってしまいます。
最後には「ここの文章を読んでると気分が悪くなる」と巡回してもらえなってしまいます。

自分の都合で批判しはいけません。
「なんであの作品が生き残って、これが打ち切られるんだ?」と、八つ当りで批判してしまったことありませんか?後でその作品のファンの反撃にあったり、その作品が後で面白くなった時に後悔するだけです。

他のサイトと一緒になって批判することは避けましょう。
偶然他のサイトと同じことを書いていた、と言うことは避けられません。しかし、一緒に好きな作品を応援するのはいいですが、一緒になってある作品を集中攻撃するのは歯止めがきかなくなって危険です。

他の作品と比べて批判してはいけません。
「○○はちゃんとバランスをとった能力設定をしているのに」「××はもっと設定を上手に活かせていたのに」と、他の作品と比較してはいけません。何かの作品を基準に評価をするようになってしまいます。また、いつも同じ作品と比較していると、その作品の信者になってしまう場合もあるので気をつけましょう。

先週と今週で言うことを変えてはいけません。
一貫性を持って感想を書かないと、読者は不信感を抱きます。
「先週はこう書いていたじゃないか」とツッコまれてしまいます。

作者の人格を、作品批判に使ってはいけません。
「作者が○○だからつまらないんだ!」など作者の人格を理由に作品を批判する言葉は、作品内容には全く関係ないので絶対に使ってはいけません。

今の作品の内容に付け加えて、昔のことまで引っ張り出して批判するのもタブーです。
批判していると、その作者の過去の作品も思い出し、つい昔のことまで批判してしまう感想書きは多いようです。終わってしまったことを言っても意味が無い上に、読者がいやな思いをするだけです。

誹謗中傷はやめましょう。
批判を越えた暴言を書くことによって、自分の意図が伝わりにくいだけでなく、読者の気分を害します。さらに、そのことから読者が減ったり、また、炎上する場合もあります。


いかがでしょうか。皆さんの感想の書き方で、思い当たる点はありませんか?「この10か条、全てを守ることなんて、できない」と思っていらっしゃる方、多いと思います。それで当然だと思います。理屈ではわかっていてもなかなかできないものです。

最初から、理想的な書き方ができている感想書きはいないと思います。一つでも、二つでもかまいませんから、できそうだなと思うことからやってみてください。感想書きも作者と一緒に成長していく」ぐらいの気持ちで、少しずつ実行して行きましょう。





ブログランキング
人気ブログランキング
クリック募金-クリックで救える命がある。
クリック募金-クリックで救える命がある。

FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking



過去記事トップページ

ジャンプのページ
>デスノートのページ

テーマ : 思ったこと、考えたこと - ジャンル : ブログ

タグ : 批判 ジャンプ

01:30  |  考察  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.09 (Sat)

ジャンプキャラのアバラの骨は折れやすい?

あなたはあばら骨を折ったことがありますか?

私の周りでは腕や足を折った人はいるけどアバラは聞いたことがない。でもバトルマンガではよく折られます。例えば先週のジャンプではムヒョとロージーの魔法律事務所のヨイチが4、5本、斬の村山君は2~3本アバラが折れました。なんでこんなにアバラが折れるのか?

1、特別な描写がいらない

腕や足と違ってアバラは折れても傍目からはわからない。だから骨が折れているように書く必要がないし、血を吐くほど痛々しくならない。
話がずれますが『ドラゴンボール』でヤムチャが天津飯に足を折られて変な方向に曲がっていたコマはかなりショックでした。
だから適度なダメージ描写としてアバラを折ることが最適なのです。


2、展開の足かせにならない

バトルで足が折れれば戦闘不能です。手だって武器が使えなくなるから格闘マンガ以外ではアウトです。そこから逆転させるのはかなり難しくなります。でもアバラならそういう制約はありません。
だから適度なダメージ描写としてアバラを折ることが最適なのです。


と、いうわけでこの攻撃はかなり強力なんだよといいたいときに「アバラが○本折れちまったぜ…」っていうのがちょうどいいんじゃないないでしょうか?


ちなみに、常識的に考えて、アバラが折れたら動くたびに激痛が走るだろうし、アバラが折れるほどの衝撃ならば内臓が無事なはずありませんし、折れた肋骨が肺にでも刺さったら致命傷になることは言うまでもありません。





Dragonball Forever―ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball Forever―ドラゴンボール完全版公式ガイド
鳥山 明 (2004/05)
集英社

この商品の詳細を見る

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

00:05  |  考察  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.30 (Sun)

人が集まるサイトの条件

 人が多く集まるサイト、つまりアクセス数の多いサイトというと、まず思い浮かぶのはYahooやgoogleなどの検索サイト、次には現実世界で大きな影響力を持つ官庁やテレビ局などのホームページ、オンラインバンキングやオンライントレード、旅行の予約などネット上で様々なサービスを提供している企業のホームページが考えられます。

 また、ネット上にしか存在しないにもかかわらず人が集まるサイトも存在します。例えば数百万人が利用するんが掲示板2ちゃんねるや100万人以上のアクセスがあるほぼ日刊イトイ新聞、そしてmixiに代表されるSNSなど、は何故日々多くの人が訪れるかを考えてみましょう。



テーマ : 思ったこと、考えたこと - ジャンル : ブログ

21:59  |  考察  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。