*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.23 (Thu)

『白夜行』最終話“白夜の果て”



今回で白夜行もとうとう最終回です。白夜の果てには何がいったい何があったのか?

この先はネタバレを含みます。


スポンサーサイト

テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

21:51  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.21 (Tue)

『白夜行』第10話“開かれた過去の扉”感想

 今週は最終回ラッシュですが白夜行の最終回は来週のようです。今回は最終回前ということで今までの話を振り返る内容でした。

 オリジナルサウンドトラック発売中。
 DVDも予約開始。



 今週は二人にとってそれぞれもっとも近しい人たちが退場しました。そして今回の主役は二人をずっと追い続けてきた笹垣。よくよく考えてみると彼ってMONSTERのルンゲ警部と同じタイプの刑事ですね。刑事としては優秀だけど人間的にはどこか異常で事件以外のことに興味がない。おそらく笹垣も既に離婚していると思われます。彼も日の当たらない白夜の中を歩く1人だと言っていいでしょう。
 この二人との決着をつけた後彼はどこへ行くつもりなのでしょうか?

この先はネタバレを含みます。


テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:14  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.10 (Fri)

『白夜行』第9話"こぼれ落ちた過去”感想

 やっと放送に追いつきました。今回白夜行は9話です。来週は最終回ラッシュですがどうやら白夜行はまだまだ続くようです。近年にしては珍しく12話までいくのでしょうか。

 それにしても2005年度第4クールは当たりのドラマが多いですね。『相棒』、『白夜行』、『神はサイコロを振らない』とか。時間がかぶっていないのもいいところです。

 今年度の前半なんて放送時間半分も行かないうちにその回の結末がわかる『恋に落ちたら』とかまんま『お金がない』のリメイクの『幸せになりたい』とかだったのに。

 そういえばすでに発売されているオリジナルサウンドラックに加え白夜行の完全版 DVD-BOXの予約が開始したようですね。

発売日は6月23日


 今回は大きく話が動きましたね。そしてまた一人退場者が出ました。

この先はネタバレを含みます。


テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:24  |  白夜行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.09 (Thu)

『白夜行』第8話感想

続けて先週分を。

今回は篠塚一成(柏原崇)が本格的に戦線復帰しました。
でも今週のメインも唐沢雪穂(綾瀬はるか)と高宮誠(塩谷瞬)の結婚生活の顛末です。

この先はネタバレを含みます。





テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

22:34  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.09 (Thu)

『白夜行』第7話感想

 本日白夜行放送前にまとめて見たので感想行きます。

 いよいよ話は終末に向けて走り出しました。一体どのような結末を見せてくれるのでしょうか?

この先はネタバレを含みます。


テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

22:24  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.17 (Fri)

『白夜行』第6話“白夜の終わり”

 いよいよ物語も折り返し地点を過ぎた『白夜行』。先週は失速したと書きましたが今週は持ち直しました。
 今回は第1話から登場してきた2人が退場します。一方白夜からの脱出を試みる2人。そろそろラストが見えてきそうです。果たして亮司を刺したのは誰なのか?

白夜は明るい夜なのか、暗い昼なのか…
夜に太陽をもたらそうとする事は罪なのか…






今回のキーアイテム“はさみ”。
左は亮司、右は雪穂用。
使い道は…


この先はネタバレを含みます。


テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:01  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.11 (Sat)

『白夜行』第5話“決別する2人”

 放送当日2時から特集を組むほどTBSが猛プッシュする『白夜行』第5話感想です。
 ちなみにこの時間帯は『白夜行』のほかに『小早川伸木の恋』(フジ)、『けものみち』(テレ朝)と夜の番宣が3本、そして日テレは新情報のない皇室報道を延々と流すという公共の電波利用について考えさせられる有意義な時間でした。

 で、肝心の内容なんですけど今回は失速しましたね~。後2,3週で終わっても不思議じゃないです。
 何故かというと今回雪穂が器の小さい人物に成り下がってしまったところが大きいです。もっと完璧に偽りの自分を作れる人物だと思っていたのですが。詳しくは下のほうで。

 後、このドラマのキーアイテムであるはさみを楽天で探してみたのですが同じようなのはありませんでした。一番似てそうなのが下のはさみです。 






キーアイテム『はさみ』と『風と共に去りぬ』


 この先はネタバレを含みます。


テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

14:02  |  白夜行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.03 (Fri)

『白夜行』第4話“罪と罰”



 

前回の予告では雪穂が恋をし、亮二が嫉妬に怒り狂うという話が強調されていましたが実際にはだめ男にはまる女、西口奈美江(奥貫 薫)が話の中心でした。相棒の城崎といい真面目な銀行員は悪い男にはまりやすいのでしょうか?

 一方雪穂は亮司への罪悪感を感じつつ篠塚一成(柏原 崇)に惹かれていきます。日の当たらない白夜の中を生きてきた雪穂にとって大企業の御曹司であり、容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能の陽光を浴びるべくして生まれてきた彼がまぶしくて仕方がありません。次回以降もこの三角関係は続きそうです。

 で、タイトルにもなっていたドストエフスキーの「罪と罰」では主人公は罪の意識に耐え切れず罪を告白してしまいますがこちらはどうなるのでしょうか?
 まあもう結末はわかっているのですけどね。これで後半失速したら目も当てられない最終回になりそうです。

 ちなみに私は「罪と罰」は手塚治のマンガ版しか読んでいない軟弱者です。



この先はネタバレを含みます。




テーマ : 白夜行 - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:59  |  白夜行  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。